革新的な治療技術

一義流気功で学べる治療技術の一覧

肉体への治療

【無痛・無刺激、マッサージや指圧なしに芯から身体をゆるめる】
頭蓋骨
頭蓋底
背骨
背中


横隔膜
骨盤


足首 など
『効果』: コリ・痛みの解消 血液やリンパ循環の改善 呼吸が深くなる 冷え改善 内臓機能の向上 気の流れの改善 など

【猫背矯正】
曲がってしまった背中を矯正する。

【呼吸の改善】
スパイラル法
呼吸に使う重要な筋肉をゆるめる。
『効果』: 酸素摂取量の改善 血行やリンパ循環の改善 冷え改善

【神経系からの肉体改善】
脳脊髄液
頭蓋骨
頭蓋底
背骨
仙骨 など
『効果』: コリ・痛みの解消 血液やリンパ循環の改善 呼吸が深くなる 冷え改善 内臓機能の向上 気の流れの改善 故障部分の修復力の強化

【気を充実させる】
「説明」
気とは、身体を機能させる糧であり、生命力そのものである。
『効果』: 生命力の向上

【4点解放】
「説明」
人の身体の気の流れは、最大限には循環していない。
意図的に4か所で流れを滞らせている。
必要になった時に使えるよう、普段は温存をしている。
『効果』: 気の流れを解放し、治療中の身体機能を向上させる。

【先天的に生命力が弱っている半身の強化】
「説明」
一般的には殆ど知られていない、人類の7割が抱える先天的な問題。
左か右、半身が生まれつき弱く、一生の弱点となる。
左右どちらかの顔がたるんで落ちるのも、これが原因。
『効果』: 鈍かった半身の運動機能の向上 内臓機能などの向上 美容・スタイル

【後天的に生命力が弱っている半身の強化】
「説明」
ケガをした衝撃で、その箇所の生命力が落ちるケースがある。
医学的には治っていても、機能は落ちたまま。
例えば捻挫して治ったはずなのに、力が入れにくいなど。
またその箇所の側の半身が、引きずられるように生命力を落とす。

『効果』: 弱った箇所の機能強化 その半身の生命力の復活

【精密修復】
「説明」
精神体は、物質を見るのが苦手である。
それ故に、修復の細かい取りこぼしがある。
『効果』: 通常では行えない、精密な肉体修復が起こる。

【チャクララインの補完】
「説明」
チャクラはヨガなどで有名な概念であるが、その捉え方は点。
実際にはラインとなり、身体の中心に位置している。
『効果』: 身体機能全体の向上 鈍っていた精神活動の向上

【超下丹田の強化】
「説明」
一般的には知られていない、身体の外に位置する丹田。
『効果』: 身体機能の円滑化と強化

【骨盤の強化】
「説明」
骨盤は多くの治療家が認めている、身体の重要箇所である。
骨盤が弱いと、身体全体が弱る。
『効果』: 身体全体の生命力の向上

【身体の毒出し・毒消し】
「説明」
食べ物の毒性やその他の外的環境によって、身体に有害な気が発生する。
それを溜めこむと、身体機能が狂い、様々な病気や不調の原因となる。
『効果』: 身体機能の正常化

【3体】
「説明」
この治療法は、エネルギーの法則に基づいている。
身体という狭い器に遊びを作ることで、瞬間的に身体機能は大きく向上する。
『効果』: 瞬間的な身体機能の強化

【経穴の機能更新】
「説明」
いわゆるツボと呼ばれるものである。
経穴は人工知能のようなもので、身体をより適切に機能させる役割がある。
『効果』: 身体機能の最適化

【物質の歴史】
「説明」
肉体を構成する物質には、遥か以前からの歴史がある。
その中で、衝突、破壊、変性を繰り返している。
精神体は、そのデータを嫌う。
『効果』: 精神体にとって、物質をより好ましい状態にする。身体機能の底上げ。

【情報パッケージ】
「説明」
肉体には、遺伝の系譜ではない様々な生命体の情報がある。
ここには苦痛や死の除法もあり、精神体はこれを嫌う。
精神体は、肉体との間に距離を置こうとする。
『効果』: 精神体にとって、物質をより好ましい状態にする。身体機能の底上げ。

精神・心への治療

【潜在意識下の異常反応の解体】
「説明」
異常反応とは、潜在意識の中にある不合理な恐怖心である。
心の毒の生産工場のようなもので、ストレス状況のない中でも心の毒を生み出し続ける。
多ければ多いほど、心の耐久性が弱り、鬱病やパニック障害などのリスクが高くなる。
異常反応は異常反応として解体しなければ、決して減らない。
催眠でも存在に届かず、他のあらゆるメンタルセラピーも異常反応には触れない。
慢性的に抱える殆どの精神的な問題の背景に、この異常反応が関わっている。 
『効果』: 鬱病やパニック障害などの改善 不安感の解消 体力の向上 自律神経バランスの改善

【心に固着した悪意の解体】
「説明」
悪意とは、無差別の加害欲求である。
その勢力が大きければ大きいほど、他人・自分・人間以外の生物・無生物など、見境なしに害を及ぼしたくなる。
理性によって抑えられているが、それが許可した対象に悪意は集中する。(復讐、悪人に対して、教育など)
心に固着した悪意は、自分でも既存のあらゆるメンタルセラピーでも、取り外せない。
『効果』: 恨みの解消 嗜虐心の消滅 攻撃性の緩和

【愛05】
「説明」
幼少期に受けた愛情は、心に蓄積される。
それが増えれば増えるほど、「自己肯定感」「他人への関心と情」が増す。
蓄積の機会がなく少量に終われば、自己肯定感が低く、他人に興味のない情の薄い人間性に固定される。
5才を過ぎると、その後は蓄積されずに手遅れになる。
愛05は、その蓄積を後付けで最大化させる。
『効果』: 自己肯定感の向上 他人への関心が増す 他人との一体感が増す 愛情が豊かになる

【罪悪感の解体】
「説明」
罪悪感は、皆が何となく思っている以上に、心の苦痛となります。
それに耐えられなくなった心は、罪悪感から目を背けます。
心を麻痺させるために、使える精神エネルギーが減ります。
『効果』: 思考力の向上、意識レベルの向上、潜在的なストレス軽減

【心の毒の処理】
「説明」
心の毒とは、気の乱れの一種である。
「嫌」と心が感じた時、どんな些細なものでも、それは乱れとなって心の毒になっている。
心の毒が解消されずに蓄積されると、心は常にストレスを受け続ける結果になる。
鬱病やパニック障害などの精神的な問題の、直接的な原因である。
<治療法>
・出す
・浄化する
・燃やす
・消す
・MT3B
『効果』: 毒のストレスから解放され穏やかになる 自律神経が整う 悪意が減る トラウマからの解放

【潜在意識の活性化】
成功
称賛
『効果』: 落ち込みからの回復 精神エネルギーの活性化

【幸福感】
心に直接、幸福感を発生させる。

【分散の収束】
「説明」
過去や物などに、精神エネルギーが分散すると、現在の自分に建設的に利用できるエネルギーが減ります。
『効果』: 現実感の回復

【気の総量を上げる】
「説明」
心身の機能に利用される気の総量は、人それぞれ違います。
一般的にこの差は、知性と精神力で差がつく傾向があります。
『効果』: 知性と精神力の向上

気功界、究極のコンテンツ
【強い質の気を生み出す】
『効果』: 現在発見されている中で、最も強い質の気を生み出せるようになります。

検査

【腕押し】
潜在意識と交流し、YES・NOで情報を引き出す技術